読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶西氏のお部屋

茶西氏のお部屋。

ニンテンドースイッチも数年後には結局・・・

どうも茶西です。

最近Nintendo Switchが発売されましたね。

さて、3DSの頃から雲行きが怪しくなり始めた任天堂ですが、

今回はタイトルの通り

ニンテンドースイッチの未来」

について書こうかと思います。

 

Nintendo黄金時代

1983年、「ファミコン」を大ヒットさせ

「ゲームといえば任天堂」という地位を確立させた任天堂

それからも時代の最先端を行くスペックを載せた

Nintendo 64」や「ゲームボーイ」など、

数々のヒット商品をうりだしました。

そして2004年。

全世界でなんと一億台以上を売り上げたあの伝説のゲーム機が発売されます。

それがニンテンドーDS」。

充電すれば持ち運びができ、無線でマルチプレイができる。

ゲームも昔からのシリーズからDSで始まったものまで。

筆者も幼いころハマった最強のゲーム機ですね。

そして任天堂Wii3DSを発表していくことになるのですが・・・

時間がたてば任天堂は見捨てる?

物事というのはなんでも終わりがあるものです。

しかし、これの終了は衝撃ともいえるのではないでしょうか。

WiiConnect24の一部機能」、「ニンテンドーWi-Fiコネクション」の終了。

2006年、Wiiが発売されましたね。

DSに次ぐほどの大ヒット。

Wiiは実装されている機能「WiiConect24」や

DSから続く機能「ニンテンドーWi-Fiコネクション」を売りにしました。

WiiConnect24は名前の通り、

Wiiを省電力で24時間通信させ、「ゲーム機で」メール等を見ることができるという、

今でいう「すれ違い通信の固定版」みたいなものです。

ニンテンドーWi-Fiコネクションではゲーム内においても

見知らぬ他プレイヤーと交流ができました。

例えば「街に行こうよ どうぶつの森」では他人の村を見に行けたり、

マリオカート Wii」では世界大会でマルチをできたり。

とても素晴らしい機能と言えるでしょう。

しかし発売後の9年後、ニンテンドーWi-Fiコネクションは終了。

同じころにWiiConnect24の、Wii自体のデータの送受信を除いた

機能、つまりゲーム間でのやり取りも終了。

これにより交流のできるゲームは面白みがなくなったといっても過言ではないでしょう。

ハードを買ってはサービス終了。

買っては終了。

任天堂の後をついていくうち、

その繰り返しになっていくのではないでしょうか。

 

結局なにが言いたいかって言うと

 

もっと顧客の気持ちを考えた戦略を立ててほしいな、と思います。

新しいゲーム機を売るのもサービスを終了するのも任天堂のかってではありますが、

その前にちゃんと知らせておく、とか。

状況を判断する、とか。

3DSが発売され6年。Wii Uが発売され5年。

それぞれのサービスが終了する日も、そう遠くはないのかもしれません。